iPhoneのOSの進化ってどれくらい違うの?

中期の進化

iOS5からは音声認識エンジンであるsiriが登場しています。こちらは対話型のコミュニケーションをiPhoneととることができるエンジンです。こちらはそれ以降のiOSにも搭載されており、今では重要な機能の一つとして定着しています。他にも通知センターやiCloud、iMessageといった機能も追加されています。どんどん実用的な機能が追加されるようになっているのです。

iOS6になると独自の地図アプリが登場しました。ただし、こちらは大失敗といえるような状況となっています。他にはPassbookというものが発表されています。このようにiOS6についてはあまり良い評価は聞かれませんでした。

iOS7になるとフラットデザインを発表しました。これは大きな話題となりました。今ではフラットデザインが当たり前となっており、以前のデザインは古臭いものと感じられるようになりました。また、TouchIDが実装されるようになりました。

iOS8になるとApplePayとAppleMusicが登場しました。そして、iOS9になると既存の機能をバージョンアップさせています。さらに使い勝手が良くなりました。これによって、これまで使っていなかった方も従来の機能の有用性に気が付き始めるようになったのです。このようにしてiOSはどんどん進化していきました。そして、最新のiOSにいたるのです。



content

初期のOS
中期の進化
最新OS